育毛薬徹底比較

人気育毛薬の効果と価格比較

薄毛や抜け毛の予防や対策のために日々のヘアケアの一環に育毛薬を使ってみようといいものを探している人もいるのではないでしょうか。最近はたくさんのメーカーがこぞって製造販売をしているので迷ってしまいますが、まず育毛薬も継続する事ができる価格でないといけません。

毛周期は3ヶ月サイクルと言われていますので、治療をする場合でもこれぐらいの期間は続ける事を前提にしています。育毛薬でのケアに関しても、最低でも3ヶ月は利用ができそうな価格の物を探してみましょう。男性用と女性用であれば、基本的に男性用の方がやや高いです。性別に合ったものを使わないと症状の改善が見込めないばかりか、頭皮に炎症や湿疹などを起こす場合もあるので注意しましょう。

容量によってもやや違いますが、人気のものでも一本の価格は男性用は6~8000円前後、女性用に関しては4~6000円程度ぐらいになる事が多いです。CMで見かけたものやインターネット販売で口コミなどが多いものなどたくさんありますので、続けてみたいと思うものをよく比較して探してみましょう。有効成分が配合されているのはどの育毛薬でもそうなのですが、肌が弱い人もいますので向こう量や無添加というような、刺激が弱いものを使う方が効果も出やすくなります。

人によっても個人差があるので、必ずしも人気のものが自分に効くというわけではありません。購入する前には値段が続けやすいかどうかや、自分の肌に合うかどうかパッケージなどを見て成分のチェックはしておきましょう。飲むタイプや塗るタイプなどもありますので、どちらがいいのか自分の生活スタイルに合った育毛薬を選んで育毛に取り組むようにしましょう。

市販の育毛薬と医薬品の違い

排水溝に溜まる自分の髪を見て、ぞっとした事のある方も多いのではないでしょうか。髪は毎日、自然に50本から100本程度抜けると言われています。しかし、頭皮環境が悪化してしまうと、毛根がダメージを受け、髪が抜けやすくなってしまうのです。

髪が抜けやすくなっている状態を、そのまま放置してしまうと、薄毛はどんどん進行してしまいかねません。ですので、「以前に比べ抜け毛が増えたな」と感じたら、すぐに薄毛対策を始めましょう。

頭皮ケアや育毛対策として使いやすいのが育毛薬です。ドラッグストアにも数多くの育毛薬が並んでおり、手軽に手に入れる事ができます。しかし、育毛薬といっても市販のものと、医薬品となっているものがあり、どちらを選べば良いか分からないという方も少なくありません。

市販のものは、皮脂の分泌を抑える成分や、頭皮の血行を改善するような成分が含まれています。頭皮の環境を整える効果は期待できますが、発毛に必ずしも効果があるとは認められていません。一方、医薬品の指定を受けている育毛薬の場合、国が発毛に効果があると認めている商品です。ですので、発毛効果だけを考えるのであれば、医薬品がお勧めと言えます。

ただ、どのような薬もそうですが、副作用はつきものです。医薬品の育毛薬の場合も、副作用の報告があり、また医師に処方してもらう必要があります。
市販の育毛薬も副作用が無いとは言い切れませんが、作用が穏やかなので、それほど心配する必要は無いでしょう。また、クリニックを受診しなくても、ドラッグストアなど身近なお店で購入できる点が魅力です。

市販の育毛薬と医薬品、どちらでケアするかは効果や使いやすさ、費用などを考慮して決める事が大切です。

自分に合った育毛薬の選び方

AGA(男性型脱毛症)に悩む人にとって、育毛薬は夢のような薬です。
どのようなメカニズムで作用するかというと、男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に還元する酵素の働きを抑えるのです。
この酵素はII型αリダクターゼと言って、テストステロンに作用してDHTを増やします。男性ホルモンは筋肉量を増やしたらい、声変わりや体毛を濃くするなど、男性らしさを出すために必要なものですが、DHTは作用が強いため、AGAの原因になってしまいやすいです。

育毛治療で使われている育毛薬は、II型αリダクターゼの還元力を抑えて、DHTの量が増えてしまわないようにする効果があります。
基本的に、育毛治療は薬や生活習慣の改善などによる、体に傷をつけない治療を行います。これに対して、植毛は手術が必要です。

病院の育毛薬よりは効果が落ちてしまいますが、市販の育毛剤を使うのもひとつの方法です。育毛剤は非常の種類が多いため、どれが自分にあったものか判断しづらいです。
選ぶ時には、まずは副作用の危険性が低いものを選びましょう。育毛剤は頭皮にダメージを与えるような刺激物には分類されていませんが、肌質や体質によっては頭皮が荒れてしまう可能性があります。育毛のために使ったら、かえって頭皮を傷めてしまったということが起こらないように注意しましょう。

有効成分は、血流を良くするものや、髪の毛を作るために必要な亜鉛が含まれているものなどがオススメです。
あとは、ニオイが強すぎないもの、塗るタイプならばテクスチャが良いもの、手を汚さずにつけられるスプレー式などの使いやすいもの、など自分の好みに合わせて選んでいくようにしましょう。
●育毛薬によく使われている成分
ミノキシジル
●おススメのAGA治療薬
プロペシア